top of page

​受付時間

問い合わせ

10:00 〜 13:30 15:00 〜 19:30

1・3​・5日曜   毎週月曜日

定休日

10:00 〜 13:30

15:00 〜 19:30

寝て行う骨盤のゆがみチェック

あおむけに寝て全身の力を抜き、両足を伸ばします。

【左右のつま先の角度をチェック】
左右のつま先の開きが均等で、おおむね80~90度くらいの角度ならば骨盤の開きは正常です。しかし、左右が均等でなかったり、つま先の角度が大きすぎたり小さすぎたりするようであれば、骨盤の開き方が正常でない可能性があります。

【骨盤の開きをチェック<仰向けに寝る>】

【つま先の角度が小さいと反り腰の姿勢になります】
つま先の角度が小さい場合、骨盤が閉じ気味の可能性があります。骨盤が閉じていると骨盤が前傾気味になり、見た目的には反り腰で極端に胸を張った姿勢になります。さらに交感神経が優位になるため活動的ですが、心身の緊張が持続しやすいという特徴があります。

【つま先が開いていると猫背になります】
骨盤が開いていると骨盤が後傾気味になり、見た目的には猫背です。さらに副交感神経が優位で、だるさを感じるなどの不活発な状態にあることも多いものです。

【つま先の開き方は均等?】
つま先の左右の開き方が均等でない場合、体がねじれている可能性があります。よく足を組んだり、体をねじって作業していることで、左右のバランスが悪くなります。つま先の角度が大きい場合、骨盤が開き気味の可能性があります。

048-762-8333

問い合わせ

bottom of page